カテゴリ:ニュース記事より( 6 )

 

ボロ負けなのに無効試合(亀田方式)

ヨロヨロも見ていた大晦日の「やれんのか!」ですが

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年12月31日、さいたまスーパーアリーナにて開催いたしました『FieLDSやれんのか!大晦日!2007 Supported by M-1 GLOBAL』の、第5試合で行われました「三崎和雄×秋山成勲」の一戦に関してまして、皆様にご報告申し上げます。

本戦は、1R8分12秒、三崎選手のKO勝ちと裁定が下っておりましたが、秋山選手サイドより「フィニッシュとなった顔面へのキックが、四点ポジション(グラウンド)状態であるにも関わらず蹴られたもので、『やれんのか!オフィシャルルール』にある、『四点ポイント状態において、グラウンドポジションのファイターへのスタンドポジションのファイターによる、膝から下の足部での顔面・頭部への蹴り及び踏みつけ等の攻撃は一切禁止とする』という部分に抵触するのではないか?」との抗議がありました。本抗議は、『やれんのか!オフィシャルルール』にある「裁定に不服のある場合は、試合後2週間以内に文章で提出する」というルールに則り提出されたものです。

本抗議を受け、島田裕二ルールディレクターを中心に、やれんのか!競技陣が改めて試合映像をチェックし、検討・審議を重ねました。島田ルールディレクターの見解は、以下の通りです。

「このたびの秋山選手からの抗議文に対しての競技統括としての見解を述べさせて頂きます。三崎選手の蹴りに対しては反則とも反則でないとも取れます。一連の攻撃の流れで起きた行為ですので、非常に判断が難しいと言わざるえません。しかし、ルール会議において選手及びセコンドには「本イベントは、旧PRIDEルールとは全く違う禁止行為のあるルールですので必ず気を付けてください、そして疑わしきは罰します」と通達していました。そうした意味においては選手サイドのルールの把握の乏しさも認識されます。これにより、三崎選手の明らかに四点ポジションにいる選手を蹴りに行く行為自体は、ルールに抵触していると判断せざるえません。つまりその行為自体がフィニッシュにつながり、一方の選手が試合続行不可能になったというケースは、私の経験値で言えば、1999年9月に行われた『マーク・ケアー×イゴール・ボブチャンチン』戦に、非常に近いケースであると思われます。

よって今回は、ノーコンテストが適切ではないか、といのが競技陣の判断です。
 今後はより一層、選手には疑わしい攻撃をしないという抑止力になればと思います。そして私も益々の精進をしてジャッジング向上をしていく所存です」

との見解を受け、実行委員会で最終的な検討を行った結果、本試合の裁定は「ノーコンテスト」とさせていただきます。ただし、当試合を裁いた野口大輔レフェリーの「流れのなかでのフィニッシュ」という判断自体は、その時点での判断としては何ら瑕疵のないものとし、実行委員会として処分を問うものではありません。
また本イベントは継続的なイベントではないため、これを受けて再試合を組むことを約束するものではありません。

以上を持ちまして、本試合の最終結果とさせていただきます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

との事です。
正々堂々と戦ってボロ負けしても、恥ずかしいことではないですが
負けたのに、いちゃもんをつけてノーコンテストにするのは恥の上塗りでは?(嘲笑)
6月に再戦するようですが、次回は再びヌルヌルで万全なんでしょう(棒)
[PR]

by tom_141 | 2008-01-22 22:01 | ニュース記事より  

もはや絶望「年金照合現場」の驚愕実態

「年金記録の確認を総動員態勢でやっている」と福田首相が胸を張った「宙に浮いた5000万件」の照合作業。いったい、どんな作業が行われているのかと思ったら、とんでもなかった。その驚愕の実態とは――。

「照合作業」は、時給1000円以上で集められたアルバイトがやっている。東京のある巨大ビルには、1300人が集められている。男女比は3対7。圧倒的に中年のオバサンが多いという。以下、何人かのアルバイトに聞いた実態である。
「作業は単純です。マイクロフィルム化された年金台帳のコピー冊子を、データ入力用のシートに書き写すだけ。ただ、字が潰れて読めない台帳が次々に出てくる。手書きのうえ、ツケペンで旧字体や草書で書かれている。数字1と9、5と8はほとんど判読不能です」
 黙々と作業をやっていると思ったら、まったく違った。
「オバサンが多いせいか、やたらと私語が多い。ちょっと読めない字や変わった名前があると『なに、これ』『変な名前』と大ハシャギです。最悪なのは、読めないのに形だけ真似て書き写しているケースがあること。なんのための照合作業なのか。なんだか、新たな混乱をつくり出しているようで……」
 当初は、書き写しに間違いがないか、2人1組で「読み合わせ」をしていたが、最近はやめてしまったという。
「社保庁職員は『読み合わせは最後のチェックです。しっかりやってください』と言っていたのです。ところが突然『みなさんのスキルがあがったから』と、ひとりでチェックすることになった。本当に大丈夫なんでしょうか」
 社保庁からは20人くらいの職員が現場に派遣されている。彼らもウンザリした顔をしているらしい。
「疲れているのか、覇気がない。いつも起き抜けのような顔をしている。なかにはネクタイを1カ月も替えない職員もいます。ワイシャツは替えていると思いたい。アルバイトは、どんなに忙しくても残業ナシ、土日祝日は休み。徹夜してでも作業を進めた方がいいと思うのですが、役所の決まりで帰宅時間が定まっているそうです。残業ナシ、土日祝日が休みなのも、彼ら社保庁職員を休ませるためかもしれませんね」
 あるアルバイトが聞いた話では、紙の元台帳は劣化していて触るとボロボロになってしまうそうだ。<日刊ゲンダイ>

払う気がない年金ですが、さらに税金のムダ遣いとは…
[PR]

by tom_141 | 2008-01-22 21:26 | ニュース記事より  

ガソリン暫定税率

どうせ、暫定税率継続になるので、あきらめてましたが
非常にユニークな考え方な(決してバカとかじゃないですよ)官房長官殿のおかげで記事を書きます

「ガソリンの値段を下げればそれだけで日本の環境問題はそんな程度の取り組みなんだということになる。そのマイナス効果は計り知れないものがある」と述べ、環境問題の観点からも税率維持が不可欠との考えを強調した。<日経ニュース>

と今日発言したそうです

しかも先日は

わざわざ自前のパネルを用意して
「欧州などに比べたら、日本のガソリン価格は安い」とか「ガソリンを25円下げると、福祉や社会保障に支障をきたす」など発言

しかもそのパネルの数値が間違えてると言うオチまで用意してくれました

随分発言に無理がありますが、色々しがらみがあって大変なんですね、心中察します
しかし、こんな(ユニークな)人が官房長官で、大丈夫なんですかねぇ???

そうそう、この人「UFO絶対いる」と言い切ってましたが、決して変な薬でハイになっていた訳ではないでしょう、きっと少年のような心を持っているのです

しっかりしてくださいよ、町村信孝官房長官殿

これ以上、他のお偉方の仕事を増やさないでくださいね!
[PR]

by tom_141 | 2008-01-20 00:00 | ニュース記事より  

インドの28万円カー

 急拡大するインド市場を舞台に、自動車メーカーによる「超低価格車」の開発競争が過熱してきた。先陣を切るインドのタタ・モーターズは10日、ニューデリーで開幕した自動車ショーで1台10万ルピー(約28万円)という低価格の試作車を発表。日産自動車、韓国・現代自動車などもシェア拡大をにらみ、続々と開発を表明している。
d0134317_18523240.jpg

 タタが披露した車の名称は「タタ・ナノ」。ナノは「微小」を示す英語で、その名が示す通り全長3.1メートル、幅1.5メートルと、日本の一般の軽乗用車より小さい。同社によると、インドで爆発的にヒットした「マルチ800」(スズキの旧アルト)と比べると車の大きさ自体は8%ほど小さいが、中のスペースは21%ほど広いという。
d0134317_18532711.jpg

 排気量は623ccあるが、2気筒エンジンで33馬力と、3気筒で50馬力以上ある日本の軽自動車よりも性能は劣る。ただ、「二輪車に毛がはえたようなものができるのでは」(日系大手メーカー)との予想とは裏腹に、外観は乗用車そのもの。最高速度は105キロ。エンジンの小型化に関連して新たな技術の開発にも成功し、特許も申請した。
d0134317_1854153.jpg

 この日、記者会見した同社のラタン・タタ代表は「二輪に子どもと妻を乗せて走る男性をみるたび、何か開発できないかと考えていた」と語り、二輪車のユーザーを主なターゲットにしていることを明らかにした。

巨費を投じて環境対応車を開発してきた国内メーカーからは「あの価格では欧米や日本の安全基準や環境基準は満たせない。発売されてもアジア限定だろう」「実際の商品デザインは試作車と大幅に変わるのでは」といった冷ややかな見方が出ている。

<朝日新聞より>

日本の軽自動車より、全幅がちょっとだけ広いようなので、日本には導入しないだろうな…何より安全性でアウトか。燃費は20km/lなので、こちらは大丈夫か?
あとは、2気筒で大丈夫なのか?とか、5人は乗れないよとか
ツッコミどころは満載だけど、なにしろ形が出来上がったので、あとは発売が楽しみです
[PR]

by tom_141 | 2008-01-11 18:55 | ニュース記事より  

ポルシェ、新規登録台数で新記録を達成

 ポルシェ・ジャパンは、2007年1月から12月の新規登録台数(日本輸入自動車組合調べ)で、前年3647台から15.3%増加の4204台を達成し、新記録を樹立した。

 1998年に営業を開始したポルシェ・ジャパンは、年間登録台数1487台からスタート。以降、競争力のある強固な製品ラインアップ、独創的なマーケティング活動はもとより、量ではなく質の高さと一貫性を追求するビジネス戦略に基づき活動を続けてきた結果、区切りの10年目である2007年に、初年度と比較してじつに182.7%増となる4204台に到達したことになる。

<カービューニュース>

このところ、売れに売れまくってる印象があったのですが、それでも4204台なんですねぇ
[PR]

by tom_141 | 2008-01-10 14:46 | ニュース記事より  

<ネットカフェ難民>都が支援 無利子で最大60万円

住居がなく、インターネットカフェや漫画喫茶などに寝泊まりする、いわゆる「ネットカフェ難民」を対象に、東京都は08年度、賃貸住宅の入居費用などを無利子で貸し付ける支援に乗り出す。全国の約4割を占める都内のネットカフェ難民に安定した生活を促すのが目的で、自治体としては初の試み。

 厚生労働省が07年8月にまとめた調査によると、ネットカフェなどに週の半分以上宿泊する人は、全国で約5400人と推計される。このうち約2000人が東京23区内に集中していた。彼らに住居を確保できない理由(複数回答)を聞いたところ、▽敷金など初期費用がない(66%)▽家賃を払う安定収入がない(38%)▽保証人ができない(31%)--を挙げた。

 都の支援策は、正規雇用先を見つけるなど安定的な生活が見込める人を対象に、賃貸住宅の入居費用や当面の生活資金として、最大60万円を無利子で貸し付ける。また、専用の相談窓口を設け、社会福祉法人などに委託して生活相談や住居探しを手助けする。

<Yahooニュースより>

確かに、住居がないと就職は難しいですが、一番大切なのはネット難民でいる状況を何とか打開する気持ちではないでしょうか?
そういう気持ちがない人に、いくら融資した所で税金の無駄遣いになると思います
[PR]

by tom_141 | 2008-01-09 16:09 | ニュース記事より