シャッター電動化への道2

うちの車庫は、100人乗っても大丈夫なイナバ物置の車庫に文化シャッターが取り付けてあるのですが、これが問題のようです…

前回の話で文化シャッターへ連絡したのですが、どうやら文化シャッターを電動化するには、イナバ物置に話をして許可(お金を取られる)が必要のようです…

最寄の文化シャッターでは、一応イナバには内緒で施工した場合の見積もりをしてもらえて、金額は21万(割引込)でした

内訳は、シャッターごと電動のものに交換するようです

ちょっと高いなぁと思ってると、今頃になってリフォーム業者が1件だけ見積もりをしてくれました
しかし、ここで問題が…
この業者しっかりしすぎて、イナバに問い合わせして、文化シャッターにも話を通してくれたようで(まあ、当たり前ですが)再度、文化シャッターが見に来ました(苦笑)

金額は27万でした…

ここで、前回書いた「当たり前」の意味がわかります

下請けの会社は、イナバに利益を抜かれ、文化シャッターに利益を抜かれ、下請けの利益を乗せてるわけなので、当然高くなるわけです

一生懸命、見積もりしてくれた、リフォーム業者には申し訳ないのですが、リフォーム業者に見積もりしたのは大失敗でした

さらに、この見積もりで、文化シャッターはイナバに内緒で施工できなくなったようで、電動化はできなくなってしまいました…orz

どうなる?どうする? つづく
[PR]

by tom_141 | 2008-01-12 21:21 | シャッター電動化  

<< ラーメン食べました ちょっと峠へ >>